働き方

転職活動の注意点

僕は元々急性期の病院に勤めていましたが、最近訪問看護ステーションに転職しました。

色々施設見学をしたのですが、僕が思う転職する前にしておいた方がよかったなと思うことを紹介します。

資格をとっておこう!

転職活動して、「〜がやりたい」「こういった実績・経験がある」などをアピールして給与交渉などを行います。僕は理学療法士以外の資格は全くなく、管理職をしていただけでした。管理職していたのであれば「指導のスキルがありますよ」と説明できる資格をとると、新たな職場でも任せていけそうと思ってもらえると思います。「〜がやりたい」というのであれば、活動に追従するような資格をとっておくことも信用してもらえると思います。

とにかく全く自分を知らない人と話すわけですから信用してもらえるような取り組みをしておかないといけないということです。

もっと他施設の同業者と話しておこう!

上記と似ている部分もあるのですが、会社側からすると何も知らないような人に高い給与は出したくないわけです。なので事前に他施設との交流会などに参加して他施設の情報収集と医療関係者に自分の事を知ってもらうようにしておくことが望まれます。コネで転職することも頭において活動していくことも大事です。

転職エージェントを安易に使わない!

転職エージェントを使うと会社側は費用をどのぐらい必要になるのかご存知でしょうか?採用される人の給与の2〜3カ月分であったり、年収の20%だったりします。なので一人採用するのに30〜40万かかるので無駄に感じている企業もあります。給与交渉を代行でしてくれるのはありがたいのですがコストがかかりすぎて採用を見送る場合もあります。本当に就職したいところを見つけるには色々な施設を見学する事をお勧めします。見学する事でその地域の待遇など、会社としての魅力などを知る事ができます。時間はかかりますが後に自分が採用側になった際に役立つ知識となりますし、どういった事を目標に頑張っていけばいいのか明確になります。

もちろん上記に当てはまらない方もいらっしゃると思いますが、自分を売る方法を考える。他施設の人と交流を深める。などの事は重要です。新人の頃から行動していくと未来が変わっていくと思います。

ABOUT ME
アバター
TOFU
理学療法士 12年目 訪問看護ステーション勤務 広報の仕事もしています。 html cssやwebサービスを学んで、サイト管理もしています。