学生向け

理学療法士の実習 対策はどうしたら?

どうもTOFUです。

実習って何を準備したらいいか分からなくて不安ですよね。

なので今回は、実習前にこんなことしてたら少しは楽できたかなと反省も含めてまとめてみました。

授業・学校での過ごし方

質問する練習をする

皆さんは授業で質問はしますか?大多数の方はしないと思うのですが、それのせいで実習に行っても質問ができない可能性があります。

授業は実習の練習台、実習は臨床の練習台です。

みんなの前で質問するのが恥ずかしくて出来ないのであれば、授業が終わってから自分の分からないことを聞きましょう。

初めからいい質問をしようと思うから上手くいかないのです。失敗しようと思って質問するのがいいと思います。

僕自身は高校生までは質問なんて全然しないでゲームばっかりする完全なる陰キャラでした。

専門学校に入ると

「このままの自分であれば、コミュニケーションなんて上手くとれないし、多くの人の前で発表できるぐらいの余裕さがなければ、いい理学療法士になれない!」

と思っていたので、恥ずかしい思いをしながらも質問したり、下手くそでも前に出て発表していました。

その結果、失敗してもなにも失うものはないことに気づき、軽い気持ちで挑戦できるようになってきました。

なので皆さんの失敗してもいいやと思いながら質問したり発表をどんどんしてほしいなと思います。

評価の手順は頭で覚えるのではなく、身体で覚える

皆さんはこんな経験ないですか?

頭では評価の方法を思い出せるのに、OSCEになったら全然思ったように評価できない。

実習に出て、患者さんの評価しようにもめちゃくちゃ緊張してしまう。

とかよくありますよね。

評価にしろ治療にしろやっていく内にスムーズにできるようになるんです。

なので、まずは教科書をとなりに置いて見ながらでも身体を動かして覚えていきます。

目標としては、教科書を見ずして、スムーズに評価できるかどうか。

ある程度覚えたら、口頭試問しながらどんどん身体を動かしていきましょう。

勉強友達を作る(文献を共有)

先程行ったように身体で覚えるには協力者が必要です。同じ志を持って、同じペースで勉強できるような友達を持つことは非常に大切です。

僕の場合は一緒に勉強するグループを早くから作って、いつも行動をともにしていました。

その御蔭もあって追試を受けることなく、国試でも上位でクリアすることができました。

また、実習の時には質問を受けて答えられない場合は

「調べといて」

と言われることがかなりあります。

調べるにも文献を持っていなければ、即座に情報を見ることができないので、大学の図書館なので調べに行かないといけない場合があります。

そうなれば時間はかなりかかってしまうので、友達同士で文献を共有し、

「〇〇について調べてと言われたんだけど、いい資料ない?」

とかやりとりすることでタイムロスがかなり減り、睡眠時間を確保することができ、いい実習にすることができます。

持つべきものは友ですね!

準備すること

すぐに調べられるように資料を集めておく

先程と重複しますが、バイザーからの質問とかレポートでは文献が必須です。

よく使いそうなキーワードの文献は予めコピーして手元に持っておくことが大事です。

筋力増強、感覚(麻痺)、痛み、脳卒中、整形外科疾患(高齢者の3大疾患)、循環器疾患、呼吸器疾患についてはよく調べておく必要がありますね

※実習先によっては小児、スポーツとかも必要ですよね

カンペを作る

評価をど忘れすることはよくあります。

上記のように身体で覚えることが理想ですが、なかなか難しいですよね。

そんなときは忘れそうなものはカンペを作っておくことをおすすめします。

解剖学・生理学・運動学はよく使いますからね

レポートの雛形を作る

少々めんどくさいとは思いますが、実習中にゼロからレポートを作ると寝れなくて終わりますので、事前に作っておきましょう。

評価した内容をそのまま記載できるようにして、統合と解釈もメジャーな疾患であればどんなことを書くのかを例を覚えられるようにしていると実習中に楽することができます。

スキルアップすること

タイピングを早くする

実習中はパソコンで調べたり、レポートを書いたり、パソコンを使うことは必須です。

なのでタイピングが遅ければ、実習中に寝れなくなる確率も高くなりますので寿司打でキーボードを見ないでタイピングできるようになっておきましょう。

http://typingx0.net/sushida/

体力をつける

体力がなければ、実習で疲れて調べ物やレポートをすることができなくなります。運動もしっかりして強い身体を作って実習に望みましょう!

毎日7000歩は必須です。臨床に出て運動を習慣にしていない人から指導されても説得力ないですしね。

まとめ

僕自身実習中に寝れない思い出はありますが上記のことをしていればもっと楽しい実習になっていたかなと思います。

SNSも柔軟にできる時代になりましたし、現場のセラピストに質問もしやすい環境になっていると思いますので、積極的に活用して実習を乗り切りましょう!

ABOUT ME
TOFU
理学療法士 13年目 急性期病院を経て現在は訪問看護ステーション勤務 本業では広報、ホームページ制作、ICT管理、教育に携わっています。