学生向け

理学療法士の実習 きつい…どうしたらいい?

どうもTOFUです!

実習ってきついっていいますよね。
私も実習の時はレポートを書いてて、夜遅くまでやってて寝れない日々が続きました。
バイザーも当たり外れがあって、「落とすぞ」と脅されたり「じゃんけんで勝ったら点数あげる」とか実習生で遊ばれたりした経験がありました。

そんな苦労をしてきているので、学生さん達にはそんなきつい思いをしてほしくないので、

  • 実習のどの部分がきついのか
  • どう対応していけばいいのか

上記について解説していきたいと思います。

ちなみに私は病院で9年間経験を積んでおり、管理職やバイザーも経験しているので参考になるかと思います!

ではいきましょう!

どの部分がきついのか

  • 課題が多い
  • バイザーとのコミュニケーションが大変
  • 思ったように評価・治療が出来なくて自己嫌悪

上記がきつくなるだいたいの原因ですね。

課題が多い

何故課題が多くなるのかというと、

口頭試問で「何故こうなるか知ってる?」と聞かれます。

そこで「分かりません」というと

「じゃあ調べておいて」と言われます。

なので、バイザーとの会話は自分の質問で埋め尽くことをオススメします。

攻撃は最大の防御です。

目の前の患者さんや、見学させていただいている内容に興味を持つことで質問が出来ます。

「興味を持つことが出来たら苦労ないよ・・・」という人は疑問を持ちましょう。

「バイザーは何故そのようなことをしているんだろう?」

「患者さんは今までどのような生活をされていたのだろう」

「患者さんは今後どのような生活をしていきたいのだろう、何を大事にしているんだろう?」

とかだと誰でも考えることが出来ますよね。

応用として

「自分だったらこうするけど、バイザーはなんでこうしているんだろう?」

「バイザーのような評価・考え方ができるようになるにはどうしたらいいんだろう」

とか考えて質問してみると

「よく考えてるな…!」

となるわけですね。

バイザーとのコミュニケーションが大変

バイザーって何考えているか分からないから不安ですよね。

「下手なこと喋られないな…」

とか考えていると、積極性がないと判断されて余計に関係悪化する可能性があります。

なので、尊敬(模倣)していくことが大事です。

「どうやって動作分析できるようになったのですか?」

「参考になる本はありますか?」

とか聞いたりします。

あとは、バイザーのことをよく知ることから始めましょう。

「先生はなんで理学療法士になると決めたのですか?」

「先生の学生の時はどういう勉強法をされていましたか?」

「先生は何故ここで働くことを決めたのですか?」

とかバイザーに興味を持つことも大事です。

バイザーといえど人です。

興味を持ってもらって嫌がる人はほぼいないんじゃないかなと思います。

あとは自分の好きな歌手・アーティストとかが一緒なら嬉しくないですか?

なのでバイザーの好きなことを引き出すのもオススメです。

思ったように評価・治療が出来なくて自己嫌悪

最初から上手くいく人は少ないです。逆に言えば学校の勉強のみで上手くいくわけありません。

なので学生の中ではそんなに大きな差もありませんし、実習はいわば失敗するところです。

無力を知ることから始まります。

大事なのは、無力を知り、そこから少しずつでも成長するために行動していくことです。

自己評価を低くして、指導者や先輩に自分何の成長プランを提示しながら相談すると、助けてもらえますので安心してください。

ただ、なんでも受け身になる人は助けてもらいにくいです。

自分で道を作るためにも勇気を出して相談していきましょう。

まとめ

実習は受け身になればなるほどきつくなります。

失敗を恐れず、失敗しまくって、行動しましょう。

学生・新人のころの失敗は人生の財産になりますので、日々行動していきましょうね。

私は前向きに失敗しまくっている人を応援しますよ。

ABOUT ME
TOFU
理学療法士 13年目 急性期病院を経て現在は訪問看護ステーション勤務 本業では広報、ホームページ制作、ICT管理、教育に携わっています。