学生向け

理学療法士の実習 落ちないためにはどうしたらいい?

どうもTOFUです!

実習に行って一番不安なのが「実習落ちるかも・・・」

ですよね。

私も、実習に落ちることを怯えながら実習を受けてました。

優しい実習先であれば伸び伸びやることができましたが、

「落とすぞ」とか「〇〇だから減点」とか言われていたので、口唇ヘルペスができるぐらいストレスがすごかったです・・・

なので、

  • 実習に落ちるのが不安な学生さん
  • 何が起こるか不安な学生さん

に向けて

実習に落ちないためにできることをお教えしたいと思います。

私は、急性期病院で9年経験し数々の実習生を受け入れた経験がありますので、参考になるかと思います。

ではやっていきましょう!

目を見てしっかり挨拶する

病院で誰に挨拶したらいいかってあんまりよくわからないですよね。

ただ挨拶しなかったらしなかったで

「あの学生さん挨拶もしなかったよ」

とか言われる可能性もあります。

そんなつもりがないと思いますが、そんなこと言われたくないですよね。

なので、恥ずかしいかもしれませんが、出来るだけ挨拶していきましょう。

無視されることも多いかと思いますが、あんま気にしないことです。

私も人見知りがすごいので、気持ちは分かりますが、相手もこちらのことを気にしていないと思いますので、楽にいきましょう。

感謝する(感謝をメモする)

感謝することって結構忘れるんですよね。

なので

「今日は〇〇をしてもらった」

「見学させていただく機会をいただいた」

「本、資料を貸していただいた」

とか事細かく書いていきましょう。

そうすると幸福度も上がるのでストレスも少しは軽くなりますし、バイザーや患者さんとのコミュニケーションも良好になると思います。

また感想やお礼状を書くこともありますので、そういったことをしていると本当の想いを伝えることができるのではないかと思います。

できるだけコピー(模倣)する

バイザーの考え・動き・話し方など全てをコピーできるように注意深く見ていきましょう。

そうすると

「先程やられていた運動は、〇〇のためにされていたのですか?」

「筋力増強訓練をされていましたが、どのような抵抗をかけていましたか?」

「関節動かすときはどのように注意されていましたか?」

「問題点を抽出するときのコツなどはありますか?」

「どのように患者さんのニーズを引き出したりされるのですか?」

など見てるだけでは分からないことを聞きたくなってくるかと思います。

コピーできるようになるという目標で行動していきましょう。

質問しまくる

上記のようなことで質問するのもありますが、患者さんのことを深く聴きましょう。

それこそ、症例レポートが書けるぐらい様々な情報を聞いていきましょう。

「〇〇さんは、退院後はどのような生活をされる予定なのですか?」

「〇〇さんは、元々どのような趣味をされていたのですか?」

とか聞きながら、

朝起きてから、寝るまでどのようなことをされているのか。そのときの環境はどうなのか。

退院後もそのような環境でも生活ができるのか。

再入院予防のためにどのようなことが必要なのか・

など考えて、自分の考えが合っているのか聞いてみたりすることもいいですね。

患者さん・利用者さんのために

最近はクリニカルクラークシップで担当患者さんがない場合もあるかもしれませんが、評価・治療は経験させていただけることもあると思います。

患者さん・利用者さんは学生さんに貴重な時間を割いてくださっているので、自分の学びのためだけではなく、

ちょっとでも実習の期間だけでも心の負担を軽くできることはないか。

応援できることはないのか。

そういったことを考えて行動していきましょう。

人として接し、しっかりお話を聞かせていただいて、感謝を想いを伝えていくことが大事ですね。

指導者は医療人としての資質も評価しています。

落とされる実習生は?

僕が病院にいるときは不合格になる実習生はいなかったのですが、

自分としてマイナス評価の実習生

周りのセラピストに聞いた、よくなかった実習生

だと

  • 挨拶ができない
  • 失礼
  • 質問がない
  • 成長しない
  • 積極性がない
  • 態度が悪い
  • 患者さんの気持ちを知ろうとしない(自分優先)
  • 変に自己評価が高い
  • 向上心がない

こんな感じですかね。

これについてはまた別の記事で紹介しようと思います。

まとめ

バイザーはあんまり知識のなさとか、技術のなさとかを重視はしないで、

  • 患者さんのために行動ができる
  • 向上心、主体性がある
  • 素直である
  • 礼儀ができている

以上が大事です。

なので上記のような行動ができると落ちる確率はグッと下がると思います。

落ちることを怯えながら実習を受けるより

一つでも学んでいこうと前向きな実習のほうがいいですよね。

主体的に素直に礼儀正しくいきましょう!

ABOUT ME
TOFU
理学療法士 13年目 急性期病院を経て現在は訪問看護ステーション勤務 本業では広報、ホームページ制作、ICT管理、教育に携わっています。