オススメ

体験モニターに当選したので「XPS 13(9300)」をレビュー

どうもTOFUです!

新しいパソコンって開封してセッティングするときってテンション上がりますよね!

なので、そういう体験が無料で出来ないかなぁと思ってネットで探したら見つかりました。

デルアンバサダーとは

「デル アンバサダープログラム」では、Social Mediaなどを通じて私たちと一緒に積極的に情報を発信してくださる方を募集しています。

日頃からデル製品をお使い頂いている皆様から日々の生活や仕事、趣味など、ライフスタイルをより豊かにするためのアイディアやヒントをより多くの方に一緒にお伝えしていきたいので我こそが「デル アンバサダー」という方のご登録をお待ちしております!

デルアンバサダーといって無料でパソコンを1ヶ月ほどレンタルさせてくれるので、その機種をレビューするという取り組みとのことですね。

では今回はXPS13 9300というノートパソコンをレンタルすることになったのでレビューしてみます!

XPS13 9300 開封

外箱を開けるとこんな箱に入っていました。

表はこんな感じ

裏はこんな感じ

Macbook Airと比較するとこんな感じのサイズ感

素材にこだわっているようで高級感はありますね。

スペック

CPU Intel(R) Core(TM) i7-1065G7 CPU @ 1.30GHz 1.50 GHz
メモリ 32.0 GB
SSD 1TB M.2 PCIe NVMe SSD
ディスプレイ 13.4インチ ディスプレイ
ポート 2 Thunderbolt™ 3(DisplayPort/電源供給 PCI Express第3世代の4レーン)
1 microSDカード リーダーv4.0
1 3.5 mmヘッドフォン/マイクロフォン コンボ ジャック
1 Type-C™ USB-A v3.0アダプター標準付属
寸法/重量 高さ:14.8 mm x 幅:296 mm x 奥行き:199 mm
最小重量:1.2 kgi(タッチ非対応)、1.27 kgi(タッチ対応)
カメラ ワイドスクリーンHD(720p)2.25 mm Webカメラ
マルチメディア 2 Waves MaxxAudio® Proによりプロレベルに調整済みステレオ スピーカー:2.5 W(ピーク時4 W)
3.5 mmヘッドフォン/マイクロフォン コンボ ジャック、360度Waves NX 3D仮想サラウンド(ヘッドフォンによるヘッドトラッキング)
Waves MaxxVoice Pro搭載デュアル マイクロフォン アレイ(VoIPサポート) – Cortana Farfield対応
ネットワークアダプタ Killer™ Wi-Fi 6 AX1650 (2×2) & Bluetooth 5.1
バッテリー 4-セル バッテリー, 52 Whr (内蔵)

公式サイトによるとメモリは最大で16GBしか選べなかったのですが、本機種は32GBありました。

価格

公式サイトで確認しましたが、

512GBのSSDで162,495円

1TBのSSDで171,625円

とのことですね。(2021年4月15日現在)

スペックが高いのでそれなりにしますね・・・

使用感

外観

いい素材を使っているのか、Macbook Airより重かったです。

でもそんなに大きな違いはないので持ち運びすると考えても許容範囲ではないでしょうか。

ディスプレイ

こんかいレンタルした機種は4K Ultra HD+(3,840 x 2,400)ディスプレイで

上記の価格の分は13.4インチ FHD+ (1920 x 1200) フレームレス 非タッチ 非光沢 ディスプレイ(500-Nit )なので全然違いますが、4Kのほうがおすすめですね。

やっぱり細部まで表示されますし、作業スペースも増えるので増やしておくほうがおすすめです。

発色も良好で解像度の高い壁紙や写真を見るときはやはり綺麗ですね。

打鍵感

良好です。

やはり安いノートパソコンとは比べ物にならず、ブレが少ないです。

ポートが少ない

上記で紹介したように

2 Thunderbolt™ 3
1 microSDカード リーダーv4.0
1 3.5 mmヘッドフォン/マイクロフォン コンボ ジャック

しかないのでハブは必須ですね

Dell Mobile Connectは微妙

MacであればAirdropというiPhoneからすむーずにファイル転送できるのですが、上記のアプリは使いにくかったです。

iPhoneユーザーならMac使っているほうがストレスが少ないですね

ゲームするにはスペック不足

試しにフォートナイト、ドーントレスなどのepic gamesのゲームをやってみましたが、カクカクしてゲームになりませんでした。

やはりビデオカードがないとなかなか難しいようですね。

これは事務作業とかプログラミング用のパソコンですね。

動画編集、画像編集、ゲームなどは別のパソコンのほうがよさそうです。

まとめ

Windowsのノートパソコンが欲しくて、ビデオ性能があまり要らない場合であればアリかなと思いました。

ただライトユーザーにしては価格が高すぎるので、高級感を持たせてWindowsを使いたいユーザー向けなのかなと思います。

今度はできればゲームのできるノートパソコンなどを体験してたいと思いますね!

ABOUT ME
アバター
TOFU
理学療法士 12年目 訪問看護ステーション勤務 広報の仕事もしています。 html cssやwebサービスを学んで、サイト管理もしています。